<< ぼくもがんばったねん Wで病院ラッキー&ふくふぁいてぃん >>

うれし涙ちょちょぎれ


おしっこが出ない状態でトリミングにバンダナをして捨てられたラッキー。


収容中も何度も足をあげ、おしっこをしようとしても出なかった。


お腹はブヨブヨに膨れどんなに苦しかったことか。


それを聞き、急きょ引き出してくれたハナママが


駆け付けた病院で緊急手術。


その後、尿道の石は取れたものの尿管に残ってる石も療養食では落ちず


今後のラッキーの為にと先生とスタッフと相談し


細い尿管の手術を決めました。


手術は成功し、昨日術後の尿管の状態を診る為に


造影検査を受ける。



検査結果を聞くまでのドキドキハラハラ。


この毛の生えた心臓が口から飛び出しそうになった。



先生に呼ばれて診察室に入ったママとママのいとこさんと


ハナママと私。


先生の話を一言一句聞き逃すまいと鬼のようになってたと思う。


そして、聞いた「だいじょうぶ、問題ないです」との言葉から


b0217621_926301.jpg



4人とも泣いてしまって、私なんて後は何を聞いたか覚えてない。


b0217621_927025.jpg



良かった!本当に良かった!


b0217621_9271339.jpg

愛の抱擁。




お見合いの席で、最悪の場合のことも言わなければいけなかったけど、


それでも、だいじょうやんね、ラッキーと、言ってくださったママ。


もし、ラッキーが健康体であったら声はかけてなかったと思いますと。


検査の結果がどうであれ、大安の今日14日のバレンタインデーを


正式に我が仔にしたいとおっしゃってくださっていたママ。



最近、あまりにも処分に持ち込む人間が多すぎて


それを目の当たりにすると、人間が嫌いになりかけていたけど、


あきらめない、振り向かない。


それを教えてくれたラッキーが引き寄せた素敵なご縁が今日繋がりました。



ラッキーが今あるのは、未来ができたのは


あきらめないで引き出したハナママと


初の預かりなのに、爆弾を抱えたラッキーを


愛情持って大切に預かってくれたゆゆママと


ラッキーを見つけてくれ、ラッキーのすべてを受け止めてくれた今のママ。


そして、いつもいつも応援してくれるみんなのお陰だと思います。



脳なく、文字ベタな私が必死のパッチで書いたまれにみるまじめな文


伝わったでせうか。。


ラッキー、おめでとう!!!


バレンタインにくれた素敵なご縁。



ラッキーからのお返しは、ずっと元気でいる事だい!



b0217621_9344922.jpg




2012.2.14 ラッキー Red‐String 卒業!


あ~~うれし!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
愛のワンクリックを(願)



b0217621_2203767.gif


 

他にもおかあさんを待ってる子がいます。

↓ ↓

bana000-2.gif



[PR]
by oteruhan | 2012-02-14 09:42 | ラッキー
<< ぼくもがんばったねん Wで病院ラッキー&ふくふぁいてぃん >>